お金に困ったらよく眠ることです。

食べるものが買えないとき、わたしはあえて一日一食にします。そしてよく眠るようにしています。「家にいる時間は眠る時間」と考え、いつまでも起きていないようにしています。

起きていると何か食べたくなります。冷蔵庫の中を何度も覗いてしまったり、食糧貯蔵庫の中をチェックしてしまいます。やってはいけないと思っていても、ついついその近くをうろついてしまいます。そして我慢できなくなってあれこれ取り出して食べてしまいます。

こんなことをしていたらずっと食べ物のことばかり考えてしまいます・・・。それがイヤなのでよく寝るのです。寝ている間は食べ物のことは忘れられます。時々夢の中に大好きな食べ物が出てくるくらいなもの。そんなことくらいは簡単に忘れられます。

たくさん寝て気分も体もスッキリすると不思議なことにお腹が空きません。そして、胃の中に固形物が入っていない時間が長いと「何か食べたい」という気持ちにならないのです。体も気分もスッキリしたままやるべきことをして、そのうちお腹が空いてきたら食事をします。

そうすると一日一食ですんでしまうのです。お腹が空いているときはとにかく寝ること!わたしはそれで貧乏時代を乗り切ってきました。プロミス 審査 在籍確認